桜紋 -どこかに死の匂いを感じさせる花- 原敬、吉田茂、与謝野晶子...

元々、「桜」は、どこかに死の匂いを感じさせる花であった。

例えば...

古事記においてニニギノミコトの妻、コノハナサクヤ姫(=桜の精)は生命の弱さの象徴であった。
源氏物語では桜は凶兆の花であった。
西行にとって、桜の根は、自分が死すべき場所であった。
世阿弥にとって、桜は死霊が蘇る宿り木であった。
秀吉にとって吉野の大花見会は、いままで戦で亡くなった人々への壮大は弔いの儀式であった。

そのため、桜紋は、その人気とは裏腹に広まらなかった。
全国全ての地域において、ベスト30に入っていないのだ。

しかし、一方、桜は、江戸中期から出始めた国文学者によって、徐々に日本の象徴として祀り上げられる様になる。
例えば、本居宣長はこんな歌を詠んでいるのだ。

  敷島の大和心を人問はば朝日に匂ふ山桜花

そして、明治時代からは、上記の国学的イデオロギーを引き継いで、様々な国家主義的組織の紋章として採用されていくのである。
現代でもその紋が生きているのは、例えば、学習院(左上)、大相撲(右上)、軍(左下)、靖国神社(右下)などの組織だ。

これらの紋は、桜の中でも山桜を入れ込んだ紋である。

有名人で桜紋を使用しているのは以下。

細川忠興。1563年11月28日 – 1646年1月18日、武将、大名。
将軍足利義輝に仕える幕臣・細川藤孝の長男として京都で生まれる。丹後宮津城主を経て豊前小倉藩初代藩主。教養人・茶人としても有名で、利休七哲の一人。熊本藩細川家初代。元首相の細川護熙は末裔。家紋の細川九曜は星が離れているのが特徴。


花柳壽輔(初代)。1821年2月19日 – 1903年1月28日、日本舞踊家。
江戸の玩具商・三国屋清兵衛の長男。読みは、はなやぎじゅすけ。日本舞踊界において最大の流派である花柳流の創始者。江戸期から明治初期にかけて『勧進帳』『船弁慶』などの舞台の振付を行う。家紋は花柳桜。画像は谷中霊園にて撮影。


井上馨。1836年1月16日 – 1915年9月1日、政治家、実業家。
長州藩士・井上五郎三郎光享の次男。本姓は源氏。清和源氏の一家系 河内源氏の流れを汲む安芸国人。外務卿、参議、農商務大臣、内務大臣を歴任。元々の家紋は割剣酢漿草菱だが、青山・長谷寺の墓所には桜菱紋が彫られている。


山県有朋。1838年6月14日- 1922年2月1日、政治家、陸軍軍人。
萩城下近郊の阿武郡出身。長州藩の中間・山縣有稔の長男。奇兵隊に入って頭角を現し新政府では日本陸軍の基礎を築き国軍の父と称される。内閣総理大臣(第3、9代)。最終階級は元帥陸軍大将。家紋は丸に大和桜紋と三つ鱗紋。画像は護国寺にて撮影。


原敬。1856年3月15日 – 1921年11月4日、政治家。
盛岡藩盛岡城外の本宮村で盛岡藩士原直治の次男として生まれた。分家として独立する際に平民となる。その際、家紋も三つ割桜とする。政界に進出し大正7年に内閣総理大臣に就任。爵位の受け取りを固辞し続けたため「平民宰相」と言われた。


吉田茂。1878年9月22日 – 1967年10月20日、官僚、政治家。
高知県宿毛出身の自由民権運動の闘士竹内綱の5男として東京神田駿河台に生まれる。5度にわたって内閣総理大臣に任命された。内閣総理大臣としてサンフランシスコ平和条約、日米安全保障条約を締結、戦後日本を創る。画像は青山霊園にて撮影。


与謝野晶子。1878年12月7日 – 1942年5月29日、歌人、作家。
大阪府堺市甲斐町で老舗和菓子屋「駿河屋」を営む鳳宗七の三女。日露戦争の時に歌った『君 死にたまふことなかれ』は有名。代表作品は、『みだれ髪』『全訳源氏物語』。夫は与謝野鉄幹。元財務相・与謝野馨は孫。画像は多磨霊園にて撮影。


滋野清武。1882年10月6日 – 1924年10月13日、飛行家。
男爵・滋野清彦の三男として名古屋に出生。通称はバロン滋野。第一次世界大戦の開戦で、フランス陸軍航空隊に志願して陸軍飛行大尉に任命される。戦功が認められ受勲。家紋は六つ細川桜紋。画像は谷中霊園の墓所にて撮影。


三輪寿壮。1894年12月15日 – 1956年11月14日、法律家、政治家。
福岡県糟屋郡古賀村に生まれる。読みは、みわじゅそう。戦前は、労働争議や小作争議で闘う。衆議院議員に初当選後、ゾルゲ事件で尾崎秀実の官選弁護人を務める。戦後は左右社会党の統一を成し遂げる。家紋は丸に剣桜紋。画像は多磨霊園にて撮影。


水野成夫。1899年11月13日 – 1972年5月4日、実業家。
静岡県出身。水野彦治郎の三男。読みは、みずのしげお。ニッポン放送の鹿内信隆と共にフジテレビジョンを設立し、同社初代社長となる。「財界四天王」の一人。「マスコミ三冠王」と呼ばれた。家紋は丸に三つ葉桜紋。春秋苑にて撮影。


宇都宮徳馬。1906年9月24日 – 2000年7月1日、政治家、実業家。
陸軍大将、朝鮮軍司令官・宇都宮太郎の長男として東京に生まれる。平和共存外交、日ソ国交回復や日中・日朝の国交回復を主張するなど自民党の左派として活躍。家紋は丸に雀口桜紋。画像は麻布・賢崇寺の父・宇都宮太郎の墓にで撮影。


埴谷雄高。1909年12月19日 – 1997年2月19日、作家、評論家。
台湾の新竹に生まれる。本名は、般若豊。代表作は思弁的な大長篇小説『死靈(しれい)』。世界文学史上未曾有の形而上小説であったが未完に終わる。晩年は吉本隆明とコム・デ・ギャルソン論争で対決。画像は青山霊園にて撮影。


吉永小百合。1945年3月13日 – 、女優。
東京都渋谷区代々木西原町(当時)出身。本名:岡田小百合。浜田光夫と共に1960年代の日本映画界に一大旋風を巻き起こした。代表出演作『キューポラのある街』『愛と死をみつめて』『母べえ』等。家紋は雪輪に山桜紋。


狩野英孝。1982年2月22日 – 、お笑いタレント。
宮城県栗原市栗駒出身。実家は約1500年続いているといわれる櫻田山神社。神紋は桜。「ホストネタ」をメインの芸とするがイジられキャラでもある。「ラーメン、ツケメン、ぼくイケメン」「スタッフゥ~」等のギャグを持っている。

まさむね



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中