沢瀉紋 -武人の心に芽生えた一時の優しさを表す紋- 福島正則、高橋是清、天知茂...

沢瀉は、全国の池や沼に自生する水草のこと。

戦国時代の武士。それこそ、地を這いずり回りながら戦いに明け暮れていた。
そんな時に、ふと水辺の水草にある沢瀉に目をやる。一時のやすらぎの時間だ。

あの毛利元就も、若い頃、出陣の際に沢瀉に蜻蛉が止まったのを見て「勝ち草に勝ち虫、勝利は疑いなし」と全軍を鼓舞したというが、それを元に、この植物を紋として採用したという。
いずれにしても、猛々しい武人の心に芽生えた優しさ、そんなロマンチックな想像をさせてくれるのが、この沢瀉紋である。

全国的には、17位。長野県で5位、山梨県で7位。群馬県で8位。栃木県、愛知県、岐阜県で10位。
日本の中央部分の山間部に多いようである。

毛利元就。1497年4月16日 – 1571年7月6日、戦国大名。
毛利氏は大江広元の四男・毛利季光を祖とする。本姓は大江氏。安芸の国人領主から中国地方のほぼ全域を支配下に置く。戦国時代最高の名将の一人と評される。家紋は毛利沢潟と一文字三星紋。画像は別の毛利家の毛利沢瀉紋。


福島正則。1561年 – 1624年8月26日、武将・大名。
福島正信の長男として愛知県海部郡に出生。幼少より秀吉に仕え賤ヶ岳の戦いの時は一番槍として大功を立てて賞され賤ヶ岳の七本槍の中でも突出した5000石を与えられた。九州征伐の後、伊予国今治11万石の大名に封ぜられる。家紋は福島沢潟。


水野忠邦。1794年6月23日 – 1851年2月10日、大名・老中。
唐津藩第3代藩主・水野忠光の次男として出生。大坂城代となる後、老中首座に抜擢され天保の改革を断行しようとするが失敗。強制隠居・謹慎が命じられた上、出羽国山形藩に懲罰的転封を命じられた。家紋は水野沢瀉紋。画像は烏山妙高寺にて撮影。


男谷信友。1798年2月4日 – 1864年8月17日、剣術家。
直心影流男谷派を名乗り、門下から、島田虎之助、榊原鍵吉などの名剣士が輩出。その実力の高さから「幕末の剣聖」とも島田虎之助、大石進と並んで「天保の三剣豪」ともいわれる。勝海舟は従兄弟。家紋は八重沢瀉紋。画像は深川・増林寺にて撮影。


早矢仕有的。1837年9月8日 – 1901年2月18日、実業家、教育者。
美濃国武儀郡笹賀村の医師山田柳長の子として生まれ、同村の名主早矢仕才兵衛の養子となる。読みは、はやしゆうてき。丸善の創業者。明治生命保険会社設立に関与。ハヤシライスの考案者とも言われる。家紋は丸に立ち沢瀉紋。画像は雑司ヶ谷霊園にて。


大関増裕。1838年1月4日 – 1868年1月3日、黒羽藩藩主。
遠江横須賀藩主・西尾忠善の嗣子である西尾忠宝の三男として出生。大関増徳の養嗣子となり跡を継いだ。西洋式砲術の導入するなど藩政改革に取り組む。藩校作新館を創設。家紋は大関沢瀉紋。他に朧月、二つ輪鼓も使用。


山本信次郎。1839年12月22日 – 1942年2月28日、海軍軍人。
神奈川県出身。イタリア大使館付武官を務めた後、皇太子(昭和天皇)の外遊に随行、のち宮内省御用掛。また少年時代に受洗し、カトリック民間使節として16ヵ国を歴訪した。最終階級は海軍少将。家紋は三つ追い沢瀉紋。画像は青山霊園の墓所にて撮影。


国沢新九郎。1848年1月27日 – 1877年3月12日、西洋画家。
土佐藩士・国沢好古の子として土佐国小高坂村に生まれる。米英に留学。イギリスの正統的な画風を受け継いだ肖像画を多く残す。私塾「彰技堂」で本格的な洋画を教授した。代表作は『西洋婦人』。家紋は丸に立ち沢瀉紋。画像は青山霊園にて撮影。


高橋是清。1854年9月19日 – 1936年2月26日、政治家。
幕府御用絵師・川村庄右衛門の子として江戸芝中門前町に出生。大蔵大臣の際に世界恐慌により混乱する日本経済をデフレから世界最速で脱出させた。第20代内閣総理大臣二・二六事件で暗殺された。家紋は三つ追い沢瀉紋。画像は多磨霊園にて撮影。


富岡定恭。1854年12月24日 – 1917年7月1日、海軍軍人。
長野県出身。松代藩海防隊隊長・富岡宗三郎定知の長男。読みは、とみおかさだやす。日清戦争では「厳島」副長として参戦。日露戦争においては秋山真之らとともに早期開戦を求める。最終階級は海軍中将。家紋は抱き沢瀉紋。画像は青山霊園にて撮影。


神尾光臣。1855年2月27日 – 1927年2月6日、陸軍軍人。
信濃国出身。諏訪藩士・神尾平三郎の次男として生まれる。西南戦争、日清戦争、日露戦争に従軍。最終階級は陸軍大将。戦功により勲一等功一級男爵を受ける。家紋は抱き沢瀉に大の字紋。画像は雑司ヶ谷霊園にて撮影。


前田慧雲。1855年3月2日 – 1930年4月29日、学僧、教育者。
伊勢国桑名出身。読みは、まえだえうん。尊皇奉仏を唱え、新欲主学問所の主事となる。東洋大学、龍谷大学の学長を歴任。主著は『大日本続蔵経』『大乗仏教史論』『仏教思想講話』など。家紋は立ち沢瀉紋。画像は和田掘廟所の墓所にて撮影。


末松謙澄。1855年9月30日 – 1920年10月5日、政治家・歴史家。
豊前国前田村に大庄屋・末松七右衛門の四男として出生。読みは、すえまつのりずみ。衆議院議員として逓信大臣、内務大臣などを歴任。義経=ジンギスカン説を唱え、大ブームを巻き起こす。家紋は丸に立ち沢瀉紋。画像は品川の清光院にて撮影。


大谷喜久蔵。1856年2月4日 – 1923年11月26日、陸軍軍人。
小浜藩士で藩校「順造館」教授の漢学者、大谷正徳の七男として生まれる。教育総監・浦塩派遣軍司令官・軍事参議官・青島守備軍司令官等を歴任。最終階級は陸軍大将、男爵に至る。家紋は三つ追い沢瀉紋。画像は青山霊園にて撮影。


瓜生外吉。1857年1月27日 – 1937年11月11日、海軍軍人。
加賀藩支藩の大聖寺藩士、瓜生吟弥の次男として生まれる。海軍少将・軍令部第1局長、常備艦隊司令官、将官会議議員、横須賀鎮守府長官等を経て、最終階級は海軍大将。3年間貴族院議員を務めた。家紋は立ち沢瀉紋。画像は青山霊園にて撮影。


中島力造。1858年 – 1918年、倫理学者。
新島襄の要請を受けて学農社の教師として中島を東京に送り出す。第一高等学校講師を経て帝国大学文科大学教授に就任。倫理学の拡充を図り、倫理学の学としての独立性を確立した。家紋は丸に立ち沢瀉紋。雑司が谷霊園にて撮影。


木下尚江。1869年10月12日- 1937年11月5日、社会主義運動家。
信濃国松本城下出身。父親は松本藩士・木下廉左衛門秀勝。旧横浜毎日新聞に入り、廃娼運動、足尾銅山鉱毒問題、普通選挙期成運動などで論陣を張る。幸徳秋水片山潜堺利彦らと社会民主党を結成。画像は青山霊園にて撮影。


綱島梁川。1873年5月27日 – 1907年9月14日、評論家。
岡山県上房郡有漢村生まれ。『早稲田文学』の編輯に加わり、文藝・美術評論を書く。のち宗教に傾倒し、「見神」体験を語って反響を呼んだ。代表作は『予が見神の実験』。家紋は抱き沢瀉紋。画像は雑司ヶ谷霊園にて撮影。


穴水熊雄。1880年 – 1958年、実業家。
山梨県出身。旧姓は興水。穴水家の養子となり実家を継ぐ。京王電気軌道株式会社(現・京王電鉄)社長として沿線の乗客誘致政策が積極化し、桜上水駅、聖蹟桜ヶ丘駅、高幡不動駅などの駅名変更を行う。画像は多磨霊園にて撮影。


高碕達之助。1885年2月7日 – 1964年2月24日、政治家・実業家。
大阪府高槻市で百姓兼紺屋に7人兄弟の3番目として出生。電源開発総裁、満州重工業開発総裁を務めた後に政治家に転身し経済審議庁長官、通商産業大臣、経済企画庁長官、科学技術庁長官などを歴任する。画像は小平霊園にて撮影。


宮崎郁雨。1885年4月5日 – 1962年3月29日、歌人。
新潟県北蒲原郡出身。本名は宮崎大四郎。石川啄木夫人の義弟。石川啄木の死後、函館図書館啄木文庫を設立。主著は『函館の砂-啄木の歌と私と-』。社会事業の功労者として函館厚生院相談役を務める。家紋は丸に抱き沢瀉紋。画像は多磨霊園にて撮影。


飯田蛇笏。1885年4月26日 – 1962年10月3日、俳人。
山梨県東八代郡五成村の大地主で旧家の長男として出生。本名は飯田武治。伝統的俳句の立場から自然風土に根ざした俳句を提唱。代表作は、『山廬集』。俳誌『雲母』の主宰者。画像は、文学者掃苔録図書館より。家紋は丸に立ち沢瀉紋。


古川緑波。1903年8月13日 – 1961年1月16日、コメディアン。
男爵加藤照麿の六男として生まれ、満鉄役員の古川武太郎の養子となる。浅草で夢声らと劇団「笑の王国」を旗揚げ。榎本健一とはしばしば比較され、「エノケン・ロッパ」と並び称せられる。家紋は丸に立ち沢瀉紋。画像は雑司ヶ谷霊園にて撮影。


片岡千恵蔵。1903年3月30日 – 1983年3月31日、俳優。
群馬県新田郡藪塚本町(現・太田市)に生まれ。本名は植木正義。戦前、戦後を通して時代劇人気を支えた剣戟スターである。代表作は『赤西蠣太』『宮本武蔵』『大菩薩峠』等。家紋は丸に立ち沢瀉紋。千恵蔵印麻雀牌の沢瀉牌より判断。


伊藤整。1905年1月16日 – 1969年11月15日、評論家、詩人。
北海道松前郡に生まれ、1906年に塩谷村(現在の小樽市塩谷町)へ移住。20世紀日本文学の重要な文芸評論家の一人。私小説的文学の理論化をめざす。代表小説は『鳴海仙吉』『若い詩人の肖像』など。家紋は丸にたち沢瀉。画像は小平霊園にて撮影。


水田三喜男。1905年4月13日 – 1976年12月22日、政治家。
千葉県曽呂村(現・鴨川市)出身。水田家は400年ほど前に讃岐から移住。祖父・竹蔵、父・信太郎はいずれも村長。大蔵大臣を数度に渡って務め戦後日本の代表的な財政家である。城西大学を創立した。家紋は沢瀉に水。画像は護国寺にて撮影。


赤尾好夫。1907年3月31日 – 1985年9月11日、出版人、放送人。
山梨県東八代郡英村(現笛吹市石和町)出身。歐文社(現在の旺文社)を設立。文化放送や日本教育テレビ(現在はテレビ朝日)の創業や、放送大学の設立にも貢献。家紋は丸に立ち沢瀉紋。画像は多磨霊園にて撮影。


藤枝静男。1907年12月20日 – 1993年4月16日、作家。
静岡県藤枝出身。本名は勝見次郎。『空気頭』で芸術選奨文部大臣賞、『愛国者たち』で平林たい子文学賞、『田紳有楽』で谷崎潤一郎賞、『悲しいだけ』で野間文芸賞を受賞。家紋画像は、文学者掃苔録図書館より。家紋は丸に立ち沢瀉紋。


菊田一夫。1908年3月1日 – 1973年4月4日、劇作家・作詞家。
神奈川県横浜市生まれ。本名は菊田数男。戦後、数々のラジオドラマ、テレビドラマ、映画、演劇、ミュージカルの音楽を手がけ多くのヒット作品を世に送り出した。代表作は「鐘の鳴る丘」。「君の名は」。画像は上川霊園にて撮影。


飯沢匡。1909年7月23日 – 1994年10月9日、演出家、小説家。
和歌山市出身。本名は伊沢紀。読みは、いいざわただす。父親は官僚政治家・伊沢多喜男。いわさきちひろ絵本美術館初代館長。代表作はNHKの子供番組「ブーフーウー」脚本等。家紋は丸に立ち沢瀉紋。画像は雑司ヶ谷霊園にて撮影。


横井庄一。1915年3月31日 – 1997年9月22日、元日本兵。
愛知県海部郡富田村(現:名古屋市)出身。大東亜戦争のため再召集され、満州を経て、グアム島の歩兵第38連隊に伍長として配属。太平洋戦争終結から28年目、グアム島で地元の猟師に発見された。家紋は丸に立ち沢瀉紋。


内田るり子。1920年8月8日 – 1992年5月1日、声楽家。
東京出身。本名は内田留里子。父は応用化学者の内田壮。童謡歌手として『待ちぼうけ』雨降りお月』等を歌う。国立音楽大学教授、日本歌謡学会理事、東洋音楽会監事も務める。家紋は沢瀉に水。この略歴では歴史が眠る多磨霊園を参照いたしました。


鶴見俊輔。1922年6月25日 – 、評論家、哲学者。
東京市麻布区生まれ。旗本水谷氏備中布賀知行所代官鶴見家の子孫。父は政治家・鶴見裕輔。終戦後、丸山昌男達と共に『思想の科学』を創刊。ベ平連九条の会結成にも参加するなど戦後左翼言論人として活躍。画像は多磨霊園の鶴見家墓所にて撮影。


天知茂。1931年3月4日 – 1985年7月27日、俳優。
愛知県名古屋市出身。本名、臼井登。ニヒルの代表格で死後20年以上経っても「ニヒルといえば天知茂」といわれている。代表出演作は『ザ・ガードマン』『非情のライセンス』等。家紋は丸に抱き沢瀉だが、これは旗本・水野十郎左衛門の子孫だからか。


若林正俊。1934年7月4日 – 、政治家。
長野県長野市出身。安倍内閣で環境大臣、農林水産大臣。不祥事を起こした農林水産大臣の後のリリーフ役としてのイメージが定着。2009年9月16日に行われた内閣総理大臣指名選挙で自民党の首班候補となる。家紋は丸に抱き沢瀉紋。


市川猿之助(三代目)。1939年12月9日 – 、歌舞伎役者。
三代目市川段四郎の長男として東京に出生。本名は喜熨斗政彦。屋号は澤瀉屋。最初の妻(浜木綿子)との間の息子に俳優の香川照之がいる。スーパー歌舞伎という新境地を切り開いた。定紋は澤瀉(画像は八重花沢瀉)、替紋は三ツ猿。


石立鉄男。1942年7月31日 ‐ 2007年6月1日、俳優。
神奈川県横須賀市出身。家業は養鶏業。1970年代を中心に人気を博し『水もれ甲介』『気まぐれ天使』などユニオン映画制作のドラマに多数主演。代表出演作『パパと呼ばないで』『おくさまは18歳』『噂の刑事トミーとマツ』等。家紋は丸に立ち沢瀉紋。


三沢伊兵衛。亨保時代 、侍。
山本周五郎の短編小説『雨あがる』の主人公。同小説は、2000年に寺尾聡(画像)主演で映画化された。元・越後長岡藩の剣術指南役。武芸の達人でありながら、人の好さが災いして仕官がかなわない。家紋は丸に立ち沢瀉紋。

まさむね



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中