矢紋 -幸福を射止める武具または神具- 世阿弥、曲亭馬琴、石原慎太郎...

矢は、武器であると同時に、儀礼や呪具でもある。
屋島合戦で、那須与一が平家の扇を射落としたのは有名な故事であるが、おそらく武士はこの紋に武運を託したのである。

また、時代が下ると、幸せを射止める神具としての矢という性格が強くなる。

この「三ツ矢」の由来は、平安時代中期に摂津源氏の祖源満仲が住吉大社(大阪市住吉区)の神託に従い「三つ矢羽根の矢」を放ち、矢の落ちた多田(現在の兵庫県川西市市内)に居城を建てたという伝説による。
平野鉱泉は満仲が狩の際に発見したと伝えられている。
三ツ矢サイダーの起源は、宮内省の御料工場であったが、後に三菱に払い下げられたという。三つ矢と三菱のマークをあわせて現在のマークが誕生した。

矢紋の全国分布であるが、滋賀県が最高の13位。兵庫県、岡山県で16位が高いところ。全国的には21位。

有名人は以下。

世阿弥。1363年? – 1443年9月1日、猿楽師。
幼名は鬼夜叉、二条良基より藤若の名を賜る。観阿弥と共に猿楽を大成し能楽を完成。観世流として現代に受け継がれている。代表作は『高砂』『井筒』『実盛』。元の家紋は十本矢車だが現在の観世流は十二本矢車(斎海寺にて撮影)。


片桐且元。1556年 – 1615年6月24日、武将・大名。
近江国浅井郡須賀谷の浅井氏配下の小領主・片桐直貞の子として生まれる。織田信長に仕えた後、石田三成らと共に長浜城時代の羽柴秀吉の家臣として仕えた。「賤ヶ岳の七本槍」の一人。家紋は片桐違矢。画像は青山霊園の片桐家の墓所にて撮影。


西郷局。1562年 – 1589年7月1日、女性。
西郷氏とは、九州の名門菊池氏の一門。彼女に縁ある西郷氏は、三河国へ移住した者の末裔と伝えられている。通称、お愛の方。徳川家康の側室として知られる。松平忠吉、二代将軍秀忠の生母。家紋は丸に一つ矢紋。画像は池上本門寺の墓所にて撮影。


服部半蔵。戦国時代から江戸時代初期、武士。
松平氏~徳川氏の麾下で活躍。半蔵門の由来となる。「伊賀の影丸」「あずみ」などのフィクションに登場。藤子不二夫の「忍者ハットリくん」は服部半蔵の子孫。家紋は源氏輪に並び切り竹矢筈。画像は護国寺の別の服部家の墓所にて撮影。


狩野探幽。1602年3月7日 – 1674年11月4日、絵師。
狩野孝信の長男として京都で生まれる。江戸城、二条城、名古屋城などの公儀の絵画制作に携わり、大徳寺、妙心寺などの有力寺院の障壁画も制作した。山水、人物、花鳥など作域は幅広い。家紋は丸に三つ並び矢。池上本門寺の狩野家墓所にて撮影。


荻生徂徠。1666年3月21日 – 1728年2月28日、儒学者・思想家。
江戸生まれ。本姓は物部氏。父は5代将軍徳川綱吉の侍医。徳川綱吉側近で幕府側用人の柳沢吉保に抜擢される。朱子学に立脚した古典解釈を批判し古文辞学を確立。主著は『弁道』『太平策』『政談』。家紋は丸に違い矢紋。画像は三田・長松寺にて撮影。


曲亭馬琴。1767年7月4日 – 1848年12月1日、読本作者。
本名は瀧澤興邦。江戸深川の旗本・松平鍋五郎の屋敷の用人、滝沢興義の三男として生まれる。24歳の時に山東京伝の弟子となり、読み本作家となる。代表作は『椿説弓張月』『南総里見八犬伝』等。家紋は八つ矢車紋。画像は茗荷谷の深光寺にて撮影。


安場保和。1835年5月14日 – 1899年5月23日、官僚・政治家。
肥後細川藩出身。実業家・安場末喜は養子。先祖の安場一平は赤穂事件で大石良雄の切腹の介錯。岩倉使節団に加わり欧米を視察。帰国後、福島県令、愛知県令、北海道庁長官を務める。家紋は中陰三つ寄り矢筈紋。画像は文京区吉祥寺の墓所にて撮影。


宝生九郎。1837年7月10日 – 1917年3月9日、能楽師。
能楽シテ方宝生流16世宗家。本名は知栄。維新後衰退した能楽界にあってその復興の中心を担い初世梅若実・桜間伴馬とともに「明治の三名人」と並び称される。多くの後進を育て宝生流のみならず能楽界全体の発展に力を尽くす。家紋は九本矢車紋。


日下部鳴鶴。1838年10月6日 – 1922年1月27日、書家。
彦根藩士・田中惣右衛門の次男。本名は東作。中林梧竹、巌谷一六と共に明治の三筆と呼ばれる近代書道の確立者の一人である。門下生は3000人を数えたと言われ「日本近代書道の父」と評される。家紋は六つ矢車紋。画像は豪徳寺の墓所にて撮影。


品川弥二郎。1843年11月20日 – 1900年2月26日、政治家。
長州藩の足軽・品川弥市右衛門の長男。松下村塾に入門して吉田松陰から教えを受ける。尊王攘夷運動に奔走し薩長同盟の成立に尽力。明治政府では内務少輔、農商務大輔、内務大臣等を歴任。「トコトンヤレ節」の作詞者。家紋は、丸に割り違い矢紋。


平野富二。1846年10月4日- 1892年12月3日、実業家。
長崎生れ。矢次豊三郎の子。平野家に養子に入る。長崎製鉄所兼小菅造船所長となり、後の三菱造船所の基礎を築く。日本最初の民間造船所である石川島平野造船所(石川島播磨重工の前身)を創業。家紋は車挟み六つ矢車。画像は谷中霊園にて撮影。


寺尾寿。1855年11月4日 – 1923年8月6日、天文学者。
福岡藩士・寺尾喜平太の長男として、筑前国那珂郡春吉村に生まれる。文部省准奏任御用掛となり、日本において初めて子午環を用いた緯度測定を行う。日本天文学会を創立し、初代会長に就任。家紋は三つ重ね矢紋。画像は青山霊園の墓所にて撮影。


芳村伊十郎(6代目)。1859年1月20日 -1935年10月3日、長唄師。
本名は鵜沢徳蔵。駿河国藤枝で5代目富士田千蔵の元で修行。16歳で上京し5代目芳村伊十郎の弟子となり芳村金五郎。その後5代目芳村伊四郎を襲名。1890年に歌舞伎座で立唄に昇進。1893年に6代目伊十郎を襲名。家紋は八つ矢車紋。画像は青山霊園にて。


小倉常吉。1865年9月 – 1934年1月1日、実業家。
埼玉県深谷出身。旧姓は柴崎。先代常吉の養子となる。石油販売業をはじめ、第1次大戦後、原油の輸入と精製に取りくむ。小倉石油を設立し日本石油と合併。日本の石油王といわれた。一方で、向島百花園を買い取り都に寄付。画像は多磨霊園にて撮影。


稲田龍吉。1874年3月18日 – 1950年2月27日、細菌学者、医学者。
愛知県名古屋市出身。ワイル病の病原体スピロヘータを発見し、ノーベル生理学・医学賞の候補となる。九州や四国の風土病だった出血性黄疸の病原体もワイル病病原体と同じであることを立証。家紋は丸に一つ矢紋。画像は青山霊園の墓所にて撮影。


宇垣纏。1890年2月15日 – 1945年8月15日、海軍軍人。
岡山県赤磐郡出身。宇垣一成陸軍大将、宇垣完爾海軍中将とは遠戚。読みは、うがきまとめ。太平洋戦争開戦時の連合艦隊参謀長。ポツダム宣言受諾直後、航空特攻にて死亡。最終階級は海軍中将。家紋は丸に違い矢紋。画像は多磨霊園にて撮影。


徳永直。1899年1月20日 – 1958年2月15日、小説家。
熊本県飽託郡花園村に貧しい小作人の長男として生まれる。労働者出身のプロレタリア作家として活躍。主著に『太陽のない街』『光をかかぐる人々』『はたらく一家』等。家紋は丸に違い矢紋。画像は多磨霊園の墓所にて撮影。


村野四郎。1901年10月7日 – 1975年3月2日、詩人。
東京府出身。スポーツを題材にした詩にベルリン・オリンピックの写真を組み合わせた斬新さと新鮮な感覚が注目を浴びる。代表作は『罠』『亡羊記』。村野四郎記念館が府中市郷土の森博物館内にある。家紋は丸に八つ矢車紋。画像は多磨霊園にて撮影。


栗原貞子。1913年3月4日 – 2005年3月6日、詩人。
広島市出身。1945年8月6日に爆心地の4キロ北の自宅で被爆。反戦・平和を訴え続ける。『生ましめんかな』は代表作。戦後は夫の栗原唯一とともに執筆活動を行い、反戦・平和を訴え続けていた。1990年第3回谷本清平和賞受賞。家紋は丸に違い矢紋。


有吉佐和子。1931年1月20日 – 1984年8月30日、小説家。
曽祖父は長州藩士の有吉熊次郎。カトリック教徒で洗礼名はマリア=マグダレナ。『地唄』が文學界新人賞候補、ついで芥川賞候補となり一躍文壇デビュー。代表作は『紀ノ川』『華岡青洲の妻』。家紋は亀甲に並び矢。画像は小平霊園の墓所にて撮影。


石原裕次郎。1934年12月28日 – 1987年7月17日、俳優・歌手。
山下汽船に勤める父・石原潔 母・光子の次男として出生。石原プロモーション創始者。現東京都知事の石原慎太郎は実兄。代表出演作『嵐を呼ぶ男』『太陽の季節 』『黒部の太陽』等。永遠の大スター。家紋は七つ矢車。画像は総持寺にて撮影。


西川きよし。1946年7月2日 – 、お笑い芸人。
高知県高知市出身。大阪市育ち。本名は、西川潔。横山やすしとの漫才コンビ「やすしきよし」で活躍し、漫才ブームの火付け役となる。吉本興業では、桂三枝、笑福亭仁鶴と共にトップに君臨。1986年から三期18年に渡って参議院議員も務めた。


世耕弘成。1962年11月9日 – 、政治家。
大阪府大阪市天王寺区生まれ。父は近畿大学第3代理事長世耕弘昭(弘成自身は第4代理事長)。祖父は政治家・世耕弘一。安倍内閣の内閣総理大臣補佐官として政権入りした。家紋は丸に矢尻付き三本重ね矢。画像は多磨霊園の世耕家の墓所にて撮影。


豊ノ島大樹。1983年6月26日 -、大相撲力士。
高知県宿毛市出身。本名は、梶原 大樹。時津風部屋所属。家紋は丸に並び矢紋。現在、現役では最も背の低い関取であるが、最高位は関脇。琴奨菊とは学生時代からの良きライバル。画像は自身のブログより。多度神社(神紋は桐紋)豆まきの時のもの。

平野富二の紋に関しては、「家紋の真実」を主宰されている日本家紋研究会副会長の高澤等先生にご教授頂きました。

まさむね



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中