ビートルズが胃腸にいい説に関するどうでもいい感想

ビートルズはどこがいいのか。
それは人によって違うだろう。ある人は、メロディだと言うだろうし、別の人はリズムだというだろう、あるいはインパクトという人もいるかもしれない。おそらく、このレンジの広さがビートルズの幅広い人気の原因だととりあえずは言えると思う。

最近、音楽と体調ということを考えていてこんなページをみつけた。
ビートルズで胃腸スッキリ」だ。
このページの著者、松生恒夫先生は、ここで、スローテンポの曲が胃腸にいいと断言されている。デパートやホテルのトイレにはスローテンポの音楽が流れていて、それが排便をスムーズにさせることがあるのがその証拠だという。
これを証拠というにはかなり曖昧なような気もするが...まぁいいか。
さらに、このように語る。

スローテンポの音楽の中でもおすすめなのは、ビートルズの曲です。もちろん、すべての曲ではありませんが、ビートルズの曲には次のような特徴があり、心拍数を下げて心身をリラックスさせる効果が大きいのです。
(1)メロディが親しみやすく美しい
(2)アコースティック楽器中心のシンプルなサウンドで、不協和音が少ない
(3)歌詞が英語なので意味を考えなくてすむ(言葉の意味を考えてしまうとリラックスできない)
(4)ハーモニーが美しい

もし、この4つが胃腸にいいのであれば、僕ならばむしろ、PPMやサイモン&ガーファンクルをお勧めしたい。
それは別に他意があって言っているわけではない。僕にとってのビートルズの魅力はメロディの美しさよりも、不協和音的な悪意=いたずら心にある。だから、どうしても上記のような点をあげてビートルズの特徴といわれてしまうと違和感が残るのであるが...まぁいいか。

もっとも、僕は毎日2時間づつ位、通勤時間と就寝前にビートルズを聴いているが、おかげさまで、胃腸は比較的健康だ。
そういう意味で言えば、松生先生の説もまんざら間違っていないのかもしれない。ちなみに、この松生先生、『ビートルズでおなかスッキリ―胃腸のはたらきを改善する音楽療法 (大型本) 』という本まで出されていた。この道の権威なのである。

さて、この松生先生のビートルズが胃腸にいいという話にさらに興味を持ち、別のサイトも見ていると、こんなサイトがあった。
ビートルズで胃腸スッキリ」だ。
全く同じ題名で、こちらは「けんこうじだい」という「化健康と医療の総合サイト」の一コーナーにあった。
しかし、このページ、よくみるとなんか変なのだ。

間のスローテンポの音楽は、ビートルズの曲を推奨します。もちろん、すべての曲は、ビートルズの曲には、以下の機狽Aより低い心拍数とリラックスの身体と心には大きな効果です。
  (第1 )は、フレンドリーと美しいメロディーを
  (第2 )を中心とシンプルなアコースティックサウンド、少ない不協和音
  (第3 )の歌詞の意味を英語でので、配当を考える(言葉の意味を、リラックスしたかどうか検討する)
  (第4 )は美しいハーモニー

この文章、松生先生のページを一度、外国語に自動翻訳して、それをさらに日本語に自動翻訳し直したのではないだろうか。そんな感じの文章なのである。しかも、文章の最後に監督として渡辺先生とあるのだが、それが誰なのかは不明だ。おそらく、ここで医療用の物品の通販ページへのリンクをするためだけのサイトなのではないだろうか。

最後、どうでもいい結論ではあるが、いろんなサイトがあるものである...が...まぁいいか。

まさむね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中