日航のマークに鶴丸が復活した。単純に嬉しい。

日航のマークに”鶴丸”が復活するという嬉しいニュースがあった。
勿論、このマークは、元々家紋の「鶴の丸」が起源である。
社章を作るときに、フランスの高名なデザイナーに依頼したのだが、そのデザイナーから「日本の伝統にも素晴らしいものがある」と切り返され、鶴の丸をベーシックデザインとして採用したとの話が伝わっている。

それが、2002年のJASとの統合の際に新たなデザインに取って代わられ、2008年に完全に姿を消した。

私の師匠・長谷川順音先生はその著書に、俳人・紀逸の句として、こんな一行を載せている。

家蔵の崩しはじめや紋所

つまり、紋所を大事にしないことは、家や財産を失う手始めという意味である。
実は、昨年日航が倒産した時に、僕は真っ先に、この句を思い出したのであった。

しかし、この度、”鶴丸”が復活する。今までは日航に対してあまりいいイメージを持っていなかった僕だが、ここは一つ応援したい気持ちになってきた。

ちなみに、鶴の丸を持つ有名人には、悪女との評価もある室町幕府8代将軍、足利義政の正室・日野富子、織田信長と一緒に本能寺に消えた森蘭丸、江戸時代の和算家で、円周率を11桁まで計算したという関孝和、「解体新書」を刊行した杉田玄白(左)、勤王家として知られる高山彦九郎、歴史小説家の今東光、そして、一番の有名人は「斜陽」「人間失格」の著者である太宰治(右)である。

まさむね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中