大相撲をフツーのスポーツとして扱うのをこれを機にやめたらどうか

大相撲八百長メール事件で、日本相撲協会の特別調査委員会が力士に聞き取り調査をしたという。
当たり前の話であるが、この聞き取りで何かがわかるということはないと思われる。
これは明らかに、「世間」に対するある種のポーズであろう。
何もわかるはずのない調査をポーズというのである。

しかし、僕がここで書きたいのは、大相撲をフツーのスポーツとして扱うのをこれを機にやめたらどうかということだ。
勿論、日本相撲協会は、興行団体として、反世間的な態度は示せないし、開き直ることも出来ない立場だ。
「相撲は見世物であって、スポーツではない、それが嫌ならば、見ていただかなくて結構。」などと言えるはずはない。
以前にも書いたが日本相撲協会というのは、本当に脆弱な組織なのである。本音を言えば、騒動が通り過ぎるまで謹慎して、そろそれ世間が忘れた頃に、またいつも通りの相撲的日常を始めるのであろう。
僕はそれを批判したいわけではない。
そういえば、日本では、不祥事を起こした組織でも、そのようにして生き延びてきた。一瞬は批判され、頭を下げるが、世間がその不祥事を忘れてしまえば、ほとんど何も変わらずに生き伸び続けるのである。NHKにしても、朝日新聞にしても、日本郵政にしても、厚生労働省にしても...みんなそうである。

さて、僕が「大相撲をフツーのスポーツとして扱うのをこれを機にやめたらどうか」、という根拠をいくつか上げてみよう。
スポーツというのは客観的で明確なルールがあり、選手に対してレフェリー(審判)が絶対であるというような大前提がある。
そして、ここからが「競技開始!!」、という明確なタイミングというがある。例えば、100M走は、ピストルの合図がスタートのタイミングであり、野球は球審のプレイボールの合図によって、試合が始まる。当たり前の話である。

しかし、相撲における勝負が開始されるのは、二人の力士の気合があった瞬間なのである。何回か行われる仕切りには一応、制限時間というのが設けられてはいるが、それはあくまでもテレビ(ラジオ)放送を前提とした「とりあえずの処置」であり、基本精神は、二人の力士の気合が合った瞬間こそが、「始まり」で、行司というのはあくまでそれを確認する立会人なのである。こんなスポーツはあるであろうか。
だから、勝負はその二人の力士のものなのである。ある意味でその二人の力士がWIN-WINになる談合こそが八百長なのであり、本音では、力士達は何故、その二人のものを自分達がいいように決めるのが悪いのかは分らないのではないかと思われる。
それは例えば、売春する女の子がいて、それを買う男性がいる、それは二人の利害が一致した行為(WIN-WINの関係)であり、それを外部の者がとやかく言うのは筋違いという、リバタリアニズム的極論と通じると僕は思うのだ。

また、行司の権限という意味で言えば、さらに不可解な(いかにも日本的な)事実がある。実は、相撲の勝敗には、勝ちと負けの他に取り直しという、いわゆる勝ったか負けたかわからないので、もう一度やりましょう的な仮決着の状態がある。しかし、行司には、勝ちと負けしか判断することが許されていないのである。当然、行司だって人間である、勝負がつく一瞬を見逃すことだってあるだろう。どちらが勝ったのかが見分けららないこともあるだろう、しかし、行司はいくら自分の内心でそのように思っていても、必ず、どちらかい軍配を上げなければならないのである。
そして、きわどい勝負になると、土俵下に座った審判部の親方衆が話合いで勝負、あるいは取り直しを決定するのである。僕は、その談合の瞬間に、親方衆は会場の空気を土俵の上から読んでいるのだと思っている。そして、ここは一つ、「取り直し」をすることによって、会場がさらに盛り上がるに違いないと踏むと、談合でそのように決めるのではないかと思っている。
それこそ、日本的「空気」の思想ではないか。
はたして、世界のスポーツの中で、審判が判定する裁量のない決着が存在するようなものが他にあるだろうか、僕はそういったシステムも含めて極めて上手く出来ているなぁと思うのである。しかし、それをスポーツという近代主義的枠に入れてしまうのはなんとも窮屈な気がするのである。
        ★
さて、僕はたまに、最悪な未来を想像してしまうことがある。それは例えば、こんなことだ。
外国からやってきたイケメンの人気力士が出てくる。その力士がある時、大銀杏は時代遅れではないのかというようなことをインタビューなどで発言する。
そういえば、同じ髪型にしなければいけないスポーツというのも不条理ではないのか、自由にすべきではないのか、アンケートを取ってみようなどとマスコミや世間でトントン拍子で進み、追い詰められた協会は、大銀杏以外の髪型をも認めるようになるというような話である。
僕は、日本人はそれほど愚かではないことを信じたい。

まさむね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中