京大入試カンニング問題。いろんなものが劣化している

久しぶりのエントリーとなってしまった。
長らく書かなかったのは、実生活が大変だったとか、気分が落ち込んでいたなどというような深い理由があるわけではない。

また今日からボチボチ復活しようと思う。

さて、僕が一本気を休んでいる間、世間の話題はあの京大入試カンニング問題に集中していたように思う。
最初にこの話題を聞いた時、「凄い、度胸があるなぁ」と思った。なにせ、受験というある意味、人生を決めるようなタイミングで、もしみつかったら、大変なことになるようなことをしてしまう、僕だったら多分、手が震えて上手く出来ないだろう、凄いなぁ、というのが素直な感想だった。

しかし、その後、様々な続報や、多くの人(識者)の意見が出てくるにつけ、全体として日本社会が劣化してきているんだというようなことをいやおうなしに感じさせる嫌な事件になっていったというのが僕の感想である。
まずは大学がすぐに警察に通報したこと。そもそも大学という組織は、最終的には警察に通報するとしても、ギリギリまでは自分達の問題として処理しようとするようないわゆる自治的な組織ではなかったのか。古い言い方かもしれないが、受験生のカンニングの処理を国家権力にゆだねる大学というのもなんだかイメージにそぐわない。
そして、最終的には受験生を逮捕した警察。その理由が社会的影響が大きかったからというのがなんともいただけない。偽計業務妨害容疑という逮捕理由もかなり胡散臭い。
いろんな方も指摘していたが、世間=マスコミが騒げば、とりあえず逮捕してしまうというというのは大いに問題だ。
勿論、大騒ぎするマスコミが問題なのはいつものことだ。本当に不愉快である。多くの人が最近、新聞やテレビを見なくなったというがそれも当然だ。つまらないだけではなく、不愉快だからである。
しかも、ここへ来て、「家が貧しかったから」とか「母親に迷惑をかけたくなくて国立大学に行きたかった」などという受験生の人情話を垂れ流す警察とマスコミ...

そしてこの間に、来年度の予算案が衆議院を通過したようだ。海老蔵事件にしても大相撲八百長事件にしても、なにかどうでもいい話がマスコミを賑わせる陰では、本当に大事なことが忘れられていく、あるいは、勝手に進行していくこの国の仕組み、今回はこの事件の陰で何が報道されずに、何が隠されたのか、そちらの方が気になってしまう。

まさむね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中