伊東忠太は神田明神を木造にしなかったということ

伊東忠太という建築家がいる。
明治の人だ。漱石、露伴などと同じ年代の人だ。

TBC(東京墓石倶楽部)のO君がその伊藤忠太の家紋を送ってくれた。
ただ、その家紋は僕はまだみたことのないものだ。形状は平凡なのだが、何でもない。不思議な紋である。

その伊東忠太の仕事を改めて振り返ってみると、その多作に驚かされる。
その中で注目すべきものを上げてみる(Wikiより)

1)明治神宮(1920年)
2)神田神社(1926年)
3)遊就館(1930年)
4)靖国神社神門(1933年)
5)新勝寺太子堂・開山堂(1936年)

ここで注目すべきというのは、それぞれの建物は、東京における闇の闘いの根拠地と考えている場所だからだ。
過去のエントリーでも書いているが僕は東京には闇の闘いがあると思っているのである。

そして、1)、3)、4)、5)に関しては天皇系の建物なのに対して、2)神田明神だけが反天皇系の建物なのだ。

伊藤忠太という建築家は一体、どちらに組する建築家なのであろうか。
それに関してだが、あくまでもWikiからの情報だが、その中の記述で面白いものを見つけた。

新しい建築物像を模索する中でも、神社に関しては「神霊住ます宮居であり、木造である」と述べ、神社の設計に関しては古典的なスタンスを指向していた節がある。しかしながら1926年に関東大震災で消失した神田神社復興の設計顧問(設計監督は大江新太郎)に迎えられた際には、不燃耐震化の必要性から鉄骨鉄筋コンクリート造りを採用している。

つまり、伊東氏は、神田神社の設計を請負いながら、木造にしなかった。そして木造にしなかったことによって、逆に神霊を住まわせないような建物にしたとは考えられないだろうか。ということは、天皇系の伊東氏が敢えて、神田神社を請け負い、そこには神(つまり将門)が住めないような場所にしたのか...

そういえば、残念ながら僕には神田明神には聖性を感じない。それは伊東氏がその建物を木造ではなく、鉄筋にしたからかもしれないのである。

フッとそんなことを感じたのでとりあえず、本日のエントリーにしておきました。

まさむね

2011.1.13首都圏にある「京」の字がつく私鉄(京成、京急、京王)の秘密
2009.4.03 平将門魔方陣と明治政府魔方陣が交錯する都市・東京
2009.3.28 平将門と桔梗との因縁都市・東京の歴史
2009.3.18 東京・闇の戦いの図式 〜『東京魔界案内』を読んで〜
2009.3.15 靖国問題は将門の桔梗への怨念が起しているの(かも)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中