「新撰組」の人気の秘密について

つい最近まで僕は何故、新撰組に人気があるのかよくわからなかった。

勿論、表面的には、戦後の子母澤寛や司馬遼太郎などの大衆歴史小説ブーム、2004年の大河ドラマ「新撰組」による世間的な流行、そして「薄桜鬼」に代表されるような、隠し味としてのBLをはらんだ腐女子文化としての新撰組ブームという流れがあるのは確かだ。
しかし、それでも尚、僕は新撰組に「?」を付けざるを得なかったのである。
というのも、歴史を大きな流れとしてみた場合、残念ながら新撰組はその流れに乗った存在とはいえないからである。いや、むしろそうした流れに対する抵抗勢力だったからである。
そこが、織田信長や坂本龍馬、源義経といったその他の明るい人気者とは違うところだ。

思えば、庄内藩郷士の野心家・清河八郎が半ば幕府をだまして、作った浪士組が新撰組の元となる。(左は清河八郎の藤巴紋)
実は清河自身は尊皇攘夷を果たすための組織を作りたかったのである。しかし、歴史の流れは思わぬ方向に、浪士達を流していく。
公募によって集められた男達は、尊皇攘夷の嵐が吹きまくる京都の町で、逆に、尊皇攘夷の志士達を弾圧する側の組織として生まれ変わるのである。ようするに最初からある種の捻れをはらんでいたのだ。
まことに大雑把で恐縮だが、これが新撰組の誕生譚である。

そして、この新撰組はその後、いくつかの、残虐な内紛(粛清)を経て、結局は近藤勇、土方歳三といった現在でいうところの東京都多摩地区出身の農民達が実権を握っていく。(右は近藤勇の丸に三つ引両紋)
彼らは将軍のお膝元の多摩地区で、武士ではないが、逆にだからこそ、より武士的に振舞おうとした「純粋な魂」であった。
あの司馬遼太郎も、彼らについてはこう言っている。

近藤と土方、この二人は出身についての劣等感があっただけに必要以上に士道的な美意識を持っていた。そして、両人ともその最期はみごとだった。武士にあこがれたかれらは、事実、日本最後の武士として、武士らしく死んだ。男として、やはり幸福な生涯だったといえる。

たしかに、そうだ。いわゆる直参、旗本といった幕府の家来達が軒並み、時勢を読み、なし崩しに幕府に見切りをつけていった中で、新撰組の浪士達は、最後まで戦い抜いたのである。おそらく、多くの幕臣や江戸の庶民達は、新政府の手前、おおっぴらには新撰組を懐かしんだり、褒め称えたりはできなかったとはいえ、心のどこかにこの愚直な集団に対して敬意を持ち続けていた。
明治に入ってからも、芝居や講談などの上とは言え、新撰組は一定の人気を持ち続けていたのである。(左は土方歳三の左三つ巴紋)

しかし、僕はこの新撰組に対する江戸の人々のスタンスは、ただの人気だけではない、どこか、平将門に対する関東の農民達と共通の想いを感じるのである。
思えば、平将門の最期の決戦において、集まるはずだった農民義勇兵たちは、自らが朝敵となることを恐れ、将門の呼び方を無視し、集まることなく、結局は、彼を見殺しにしてしまったのだ。
僕は将門が関東一円の怨霊となった一番の原因は、そういった関東の民が抱いた集団的裏切りによる後ろめたさにあったのではないかと思っている。そして、その後ろめたさが、今でも尚、将門が関東の守護神(神田明神)として、そして人気者として生き続けることの背景にあると思っているのである。

そして、おそらく、新撰組に対する不思議な人気の心底にも、それと似た後ろめたさがあるのではないかと、僕は考えている。
おそらく、僕らは、いまだにどこかで新撰組の御霊を恐れているのかもしれないのである。

まさむね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中