現在、僕の一番お気に入りのミュージシャンはアイ高野である

沖田総司の墓を後にした僕らは、次に麻布、三田近辺の寺寺に足を運んだ。このあたりは中国大使館をはじめ、各国の大使館が多いエリアである。
道行く人々も上品な外国人が多いような気がする。
まずは、賢崇寺。ここは、肥前・鍋島家の菩提寺で、家臣達の墓も一緒にある。僕は都内の墓所の中でも、ここの墓所が好きだ。静かで緑も多いからだ。
この日の目的は宇都宮太郎陸軍大将の墓である。ご存知通り、衆議院議員・宇都宮徳馬氏の父親である。
以前、写真を見たときに、宇都宮家の家紋は桔梗のように見えたのだが、実際に見てみると桜紋であった。やっぱり、微妙なところは写真ではわからないことが多い。
ちなみに、この宇都宮家は、筑後国柳川城主の蒲池氏の家老・蒲池鎮久の子の蒲池貞久を祖とする諫早宇都宮氏の流れを汲んでいる。
ということは、松田聖子(蒲池法子)の遠縁にあたるということか。ただし、血のつながりはないようである。

さて、次に僕らが向ったのは三田である。ここには、荻生徂徠が眠る長松寺や、永井龍男の斎海寺がある。
ところが、僕らの足が途中で止まった。御田いずみ霊園という新しい装いの霊園があったからだ。それは墓石の形、デザインでわかる。
最近の墓には、亡くなられた方の記憶を墓石に彫るような、家の墓というよりも個人の墓という意義の強いものが多い。「風」「笑顔」「やすらぎ」などという文字や、ペットの絵、歌の歌詞、俳句などが描かれたものも見かける。これも時代の流れであろうか。

普通だったら、こういう霊園は通り過ぎるところなのであるが、O君が「入ってみましょうか」という。彼は無口だが、墓に関する勘が鋭い。なにか、発見があるかもしれないと僕らはその霊園に足を踏み入れた。

先ほども述べたように、個性的な墓が並ぶこの霊園だが、その中でもさらに、一際目立つ墓を見つけた。
赤いハート型の墓石に「好きさ♪好きさ♪好きさ♪」と彫られている。
お~、これは「好きさ好きさ好きさ」で一斉を風靡したザ・カーナビーツのドラム兼ボーカリスト、アイ高野の墓ではないか!!

歌の中の「お前のすべて~♪」という箇所で、右手で耳を押さえながら、左手でドラムスティックを突き出すパフォーマンスは今でも覚えている方も多いのではないか。(YOUTUBEに、後年、収録した動画があったので、リンクを貼っておきます。)

このザ・カーナビーツは、いわゆるGS(グループサウンズ)ブームの火付け役ともいえるバンドで、このデビュー曲「好きさ好きさ好きさ」は120万枚のミリオンヒットを記録してる。
当時(1967年)、アイ高野は16歳、おそらく普通の少年だった彼はこの曲で一躍アイドルになるのである。
しかし、その後、1969年にザ・カーナビーツは解散。その後は、アイドルから転進、ロックミュージシャンとしてザ・ゴールデンカップスのドラマー、クリエイションのボーカルと、活躍の場所を移す。そして、80年代以降は、アニメの主題歌などもリリース、しかし、2006年に急性心不全で、55歳という短い人生を終えている。
実は、僕は高野さんのこのような経歴を知っていたわけではない。偶然、墓を見つけてそれから調べたものである。

ここからは僕の想像であるが、16歳という人生のあまりに早い時期に突然の大成功を手にした高野さん、そのインパクトがあまりにも強烈だったため、おそらく、その後の人生において、ファンが、高野さんに一方的に求め続けるイメージと、実際に彼がやろうとしていた音楽のギャップに悩まされた時期もあったのかもしれない。人間というものは、一つの場所に留まることの出来ない生き物だからだ。
これもYOUTUBEにアップされていた後年のインタビューで高野さんは、ザ・カーナビーツを振り返り、「スレッドなバンド、メチャクチャなバンドだった」というような自己評価をされている。また、当時、日本のキースムーン(ザ・フーのドラマー)と言われていたことに対して、「(そのイメージを)ぶっ壊したかったね(笑)」と述べている。つまり、彼自身、あの時代の自分に対して、全面肯定しているわけではなく、どちらかといえば、脱皮したい”なにものか”だったようにも思えるのだ。

しかし、高野さんは、結局は、ファンが求める「お前のすべて~♪」を死ぬまで、いや、死んでまでも、演じ続ける人生を選らんだのではないだろうか。墓石に刻まれた「好きさ♪好きさ♪好きさ♪」の言葉は僕にそんなことを想像させるに十分であった。

正直言って、最初、晩年の「好きだ好きだ好きだ」を歌うアイ高野をYOUTUBEで観た時、僕は、カッコいいとは思えなかった。むしろ、「無理しているなぁ。」とすら感じてしまった。

しかし、高野さんに関することを調べ、彼の人生をシュミレートし、さらに繰り返してその動画を観ていくうちに、死んでも16歳の時のままのアイドル・アイ高野であろうとする、そんな高野さんのスタイルを、僕は、一周半してカッコいいと思えるようになった。さらに、敬意すら感じるようになった。

誤解を恐れず、極論するならば、現在、僕の一番お気に入りのミュージシャンはアイ高野である。

まさむね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中