朝ドラ「おひさま」の進歩と戦後の自己欺瞞について

NHK朝の連続テレビ小説「おひさま」の淡々とした進行に思わず引き込まれることがある。
僕自身は観ているような観ていないようなスタンスなのだが、妻が毎朝(たまに昼)にチャンネルを合わせるものだから、時々目に入ってくる画面をそれなりに見入ってしまうのである。
朝ドラは、古くは、1967年に放送された「おはなはん」(主役:樫山文枝)から、僕の意識の中に入ってきているが、やっぱり、「戦前から戦中、戦後にかけて黙々と生きる女性を淡々と描く」というのが王道のパターンである。
その意味で、今回の「おひさま」は正しく、王道パターンを踏襲していると言えるだろう。岡田惠和が演出をするということで、一部では「ちゅらさん」的な、マンガチックな演出がされる可能性もささやかれていたが、結局は、岡田自身がどこかで書いていたが、演出が突出するのではなく、「『共感』を大切にしている」ドラマ作りに落ち着いたということか。
いずれにしても、成功の部類なのだと僕は思う。

さて、今回の岡田の演出の中で特徴的なのは、現在を生きる陽子(若尾文子)が、当時の自分(井上真央)を思い出すという設定ながら、なるべく当時の人々の気持ちに沿った形でのドラマ作りがなされているというところであろう。例えば、本日の放送回では、ちょうど終戦を向え、小学校教師であった陽子が生徒に教科書の墨塗りを指示する場面なのであるが、そのつらさがよく伝わってくる。

これは以前までの朝ドラであったら、例えば、戦争を描く場合、周りの人々はともかく、自分は反戦意識を持つ主人公という、後世からの意識が普通に当時の主人公の内面に投影するような作りが多かった(ように思う)のであるが、その点に関しては、微妙だが明らかな相違点が見受けられる。
例えば、戦時中にの場面では、陽子は、むしろ積極的に軍国主義教育を行っているように描かれているのである。しかも、けっして戦争中であったも彼女は暗くはない。むしろ、(太陽のように)明るく、日本の勝利を信じて生きているのだ。

僕はこの演出自体はささやかな進歩として評価したいと考えている。しかし、まだまだ不十分だ。悪者=軍部、庶民=無垢という大前提からは一歩も出ようとしないからである。(その姿勢は、さすがにNHKと言うべきであろうが、)若尾文子には、「後で、騙されたとわかった時は本当に悔しかったわ!」と言わせているのである。

現在では、様々な研究によって、戦後はGHQの言論統制によって、戦前の価値観は全て否定されて、戦後のアメリカ的民主主義が善であるという教育があらゆるレイヤーでなされたこと、つまり、第二次世界大戦(大東亜戦争ではなく)は、間違った軍国主義国家日本が、正しい連合国軍に敗れた戦争であったという史観が広められたということが明らかになっている。
そして、その大前提の上に戦後日本が形成され、その土台の上に戦後の繁栄があったというのも事実である。
つまり、戦後という時代は、欺瞞を引き受ける一方で繁栄を享受した時代というようにも言い換えることが出来るのである。勿論、僕は戦前が全面的によかったということを言いたいわけではない。勿論、多くの問題点はあったという認識はある。また、終戦直後における日本人の判断も、仕方がなかったという面があるのは承知している。いや、むしろ、判断として正しかったのかもしれない。
しかし、それはあくまでも、限定的な時代状況下として、という話である。
それゆえに、日本が何故、戦争を起こしたのかのかという、最も客観的に振り返るべき反省点を欺瞞で糊塗したままの前提の上に乗った社会がずっと続くべきではないと僕は思う。
そして、その前提の上では、けっして次のステージに行けないのではなかと最近は思っているのである。

正直なところ、戦前の日本人の多くは、勝てるかどうかは別にして、戦争をしたくてしたのであろう。少なくとも認めてきたのであろう。そして、素朴に米英を叩きたかったのではないのだろうか。しかし、敗戦という屈辱を受け入れるために、「自分達は、権力者=軍部に騙されていた」という物語にすがったのではないだろうか。

その意味で、「おひさま」における陽子(若尾文子)の回想態度は、ベタな戦後意識を表現しているという意味で、正しい演出なのだと思う。しかし、僕らは、その回想態度こそ、欺瞞だったのだという時点に向わなければならないのではないだろうか。

おそらく、そういった戦争回想態度そのものが自己欺瞞であったという、あるいは少なくとも自己欺瞞であったかもしれないという観点が日本人に共有されないかぎり、同じような失敗を僕らは何度でも繰り返すに違いないのだ。

それは、例えば、昨今の反原発運動や、反民主党意識などを見てもそうである。
いずれの場合も、誰か、悪い人々に騙されたといって済ませればいい話ではない。残酷な話ではあるが、歴史というのは、僕らが自分達で選んできたものの結果なのである。

まさむね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中