「雲のむこう、約束の場所」は物語ではなく、詩歌である

「いつも何か失う予感があると彼女はそういった」
この台詞で突然始まる「雲のむこう、約束の場所」。

よしむねさんの昨日のエントリー夏のアニメ①「雲のむこう、約束の場所」―ストーリーにはいろいろ異論があるかもしれないが、煌くようなはかない夏の描写が好きだを受けてアニメ修行中の僕も早速、この作品を観た。確かに、よしむねさんが書かれている通り、この作品に関して言えば、そのストーリーや、SF的設定を云々するのは野暮だと、僕もそう感じる。

いや、それどころか、僕もよしむねさんの下記の言葉に付け加えることはほとんど持たない。

全体に流れる孤独感のトーン、夏のはかなさ、短い夏の煌きのなかで、もしかしたら誰にでもありえた、行き場のないような、結晶した時のような、ひと夏のたゆたい、その体験の翳のリアリティーにこそ、このアニメが依って立つすべてがあるようにも思う

こういったあの暑い夏の、「やり残したこと」、「果たせずに来た約束」、「置いてきてしまったもの」。そんな世界を現在のアニメファン用の意匠でつつんで発表したのがこの「雲のむこう、約束の場所」なのだと僕も思う。
それゆえに、この作品を他の夏アニメ、例えば、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」や「マイマイ新子と千年の魔法」といった作品と同列に並べ、いわゆる業界的に、その凡庸を語るよりも、むしろ、詩、例えば、有名ところで言えば谷川俊太郎の「かなしみ」の横に並べて、ある種の普遍を感じるほうがむしろ正しいのではないだろうかと思う。

あの青い空の波の音が聞こえるあたりに
何かとんでもないおとし物を
僕はしてきてしまつたらしい

透明な過去の駅で
遺失物係の前に立つたら
僕は余計に悲しくなつてしまつた

さらに、このアニメの舞台となった青森・寺山修司の下記のような短歌との通底に僕は思いをはせてしまう。

わが夏をあこがれのみが駈け去れり麦藁帽子被りて眠る

遠き帆とわれとつなぎて吹く風に孤りを誇りいし少年時

わが胸を夏蝶ひとつ抜けゆくは言葉のごとし失いし日の

海を知らぬ少女の前に麦藁帽のわれは両手をひろげていたり

さて、上記は主に、このアニメにおける残酷な時間に対する恨みについて感じてみたのであるが、一方で、僕が興味を持ったのがこのアニメの空間(コスモロジー)の捉え方である。

先ほども少し述べたがこのアニメの主舞台は青森(の津軽)のとある町である。
学校や住宅がある、いわゆる人々が暮らすエリアから、いわゆる共同体の境界線の象徴である墓地を通過すると、そこには、過去に捨てられた駅があり、彼らだけの秘密の場所がある。さらに、そこから海の向うを眺めると謎の塔がそびえている。つまり、現世→境界→理想卿→異界というコスモロジーがそこにはあるのだ。
よしむねさんも書かれていたが、この塔はあらゆるものの象徴となるようなオブジェ。そこに希望を見るものはそれは希望の象徴だし、そこに絶望を見えれば、それは絶望の象徴になるようなものである。
そして、夏のあの日、三人であの塔に自作飛行機で行こうとしたのだが、結局、その約束は果たされないまま、中学生生活は終わり、主人公の浩紀は悔恨を胸に抱えたまま、逃げるようにして、東京の高校へ行くのだ。しかし、晴れた日には、東京からも、なんとその塔が見えてしまうのであった。

つまり、悔恨の念はその象徴とともに、どこまでも、浩紀について来る。
実際に、北海道(エゾ)の建築物が、物理的に東京から、見える見えないという論議は置くとして、少なくとも心象風景としては、それは、確実に、北に存在するのである。

そして、雲の向うのあの場所へ行くという約束を果たすと同時に、この北の異物を破壊することによって、彼女が覚醒し、彼が心に抱えた悔恨は解消されるという展開は、まさに、このアニメが「物語」ではなく、「詩歌」だからこそ許される暴挙なのだと僕は感じてみたい。

さすれば、ここでも寺山修司のこんな歌が僕の耳の中で起動し、このアニメとシンクロをはじめるのである。

マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや

吸いさしの煙草で北を指すときの北暗ければ望郷ならず

そして、寺山や谷川の詩をこのアニメの横に置くと、冒頭のこの一行も、実は、立派な一行詩に見えてくるのである。

いつも何か失う予感があると彼女はそういった

まさむね

この作品以外のアニメ評論は、コチラからご覧下さい。