「魔法少女まどか☆マギカ」を信じるファンであるならば、誰しもが「美樹さやか -恋愛成就- 御守り」こそ身につけるべきである。

先日の「十六茶」に続いて、「WONDA」もまど☆マギとのコラボキャンペーンを始めており、このところ、まど☆マギが再び、僕らの耳目に触れるようになってきた。

そこで、これを機会に、今更感が無きにしも非ずという点は否めないが、「魔法少女まどか☆マギカ お守り 美樹さやか -恋愛成就-」について語ってみたいと思う。

ご存知の通り、美樹さやかとは、アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の中の登場人物。副主人公と言ってもいい。
そして、この物語の中で、唯一、恋愛、そして失恋を経験するキャラなのである。とりあえず、「魔法少女まどか☆マギカ」における世界法則に関しておさらいをしておきたいと思う。

願い事を一つ叶えることで、魔法少女となり、魔女と闘うという運命を引き受ける少女達。
しかし、実は、魔法少女になるということは、人間ではなくなるということ。
また、魔女とは魔法少女が闘うことによって「穢れ」を帯び、絶望することによって変身してしまう成れの果ての姿であり、さらにいえば、このいたいけな少女達の願い事とを叶えたいという希望と穢れがマックスに達した時の絶望の落差のエネルギーが、この宇宙の寿命を延ばすためのエネルギーだった。

さて、美樹さやかであるが、彼女は、ほのかに想いを寄せる幼馴染の上條君(バイオリンの天才少年)が、事故で失った腕を元に戻すという願いを叶えるべく、魔法少女となってしまうのだ。
しかし、前述したように、魔法少女となり、人間ではなくなってしまうことによって、恋愛を成就させることが絶望的になったことに気付いてしまった美樹さやかは、さらに、自分の本当の願望とは、上條君の腕を直してあげたかったなどという純粋な想いではなく、実は、彼の恩人になりたかっただけだという自己欺瞞にもさいなまれ、自暴自棄になり、魔女へ堕ちて行ってしまうのである。

ネットの一部では、不人気キャラと言われ続けた美樹さやかであるが(例:何でさやかは不人気なんだろう・・・【魔法少女まどか★マギカ】)、もしそれが本当だとしたら、それは、彼女のそんな姿があまりにも痛々しすぎるからではないか?と思わざるを得ない。
僕のアニメ師匠であるすがりさんもかねがね主張していることであるが、最近の深夜アニメは、オタク層の願望を満たすための愛玩商品に堕しており、「人間」を表現する作品ではなくなって久しいという。
しかし、上述したさやかにおける、あまりにも「人間」的な痛々しさは、愛玩商品の域を完全に超えているのではないだろうか。いや、重すぎると言った方がいいのかもしれない。

ただ、それが故に、昭和の息のかかった僕らの年代のファンにとっては、そんな美樹さやかは捨てて置けない存在であることも事実である。

かなり前になるが、僕は「人魚の魔女になったSAYAKAの武器はなぜ、車輪なのか(2011.5.5)」というエントリーで、魔女になったさやかの武器が車輪なのは「源氏物語」において、恋に敗れて生霊と化した六条御息所の怨念(嫉妬心)が乗り移った車輪の暗喩となっているのではないかという指摘させていただいた。
しかし、それに加え、さやかという存在は「着てはもらえぬセーターを編み続け」(「北の宿から」)たり、「(彼を)さがし求めてひとりで町中をさまよう」(「長崎は今日も雨だった」)といった昭和演歌で歌われた女性達の流れを正統に汲んでいるということも言えるのではないかと思い、そこが、なんともいとおしく感じざるを得ないのである。

少なくとも、さやかには、他の魔法少女達が抱く「友情」や「救済」や「後輩想い」といった無毒な善意とは異質な、邪悪な他者性があるように思える。そして、その他者性は、このアニメがいわゆる「外のファン」にも説得力を持ちうる萌芽になりうるのではないか、と密かに期待するのであるがいかがだろうか。

さて、それはともかく、この物語における、「絶望(穢れ)がある臨界点を超えると、魔法少女は魔女に変身してしまい、もう元に戻れないどころか、人格を失って、社会に厄災をもたらす」という残酷な約束は、「激しい怨念を残して亡くなった人々は、現世にとどまり、様々な不幸をもたらす」という日本古来の怨霊思想をベースにしているようにも思える。

しかし、一方で、この日本独自の怨霊思想では、この世に残された人々が丁寧に葬り、神としてあがめ続け、その怨念を鎮めることが出来れば、怨霊はいつしか御霊(ごりょう)となり、逆に人々に福をもたらすともいう。

それゆえに、「魔法少女まどか☆マギカ お守り 美樹さやか -恋愛成就-」は、恋愛というものが、現世ではかなえられなかったさやかの本当の願望であったがゆえに、他のいくつかのお守り(例えば「魔法少女まどか☆マギカ お守り 巴マミ -厄除祈願-」「魔法少女まどか☆マギカ お守り 暁美ほむら -学業成就-」「魔法少女まどか☆マギカ お守り 鹿目まどか -心願成就-」※1)よりも、御利益のあるお守りになりゆく可能性を秘めているに違いない。

しかし、そのためにも、さやかファンは、いや、逆に、さやかの痛々しさを忌避したいと思ってしまった他キャラのファンこそが、彼女の魂を救うために、さやかを恋愛神として扱わなくてはならないのではないか。

つまり、僕が言いたいのは、「魔法少女まどか☆マギカ」を信じるファンであるならば、誰しもがこのお守りを身につけるべきであるということでなのである。

まさむね

※1)「魔法少女まどか☆マギカ お守り 美樹さやか -恋愛成就-」に、唯一、ライバルがあるとすれば、願い事を父のために使うことによって、逆に、心の傷を負い利己主義者となってしまう杏子による「魔法少女まどか☆マギカ お守り 佐倉杏子 -家内安全-」である。

魔法少女 まどか☆マギカ 関連エントリー

2012.03.03 「魔法少女まどか☆マギカ」とジャイアント馬場と古今集と
2012.02.28 鹿目まどかの願いとは何だったのか ~中島知子と美樹さやか~
2012.02.23 「魔法少女まどか☆マギカ」を信じるファンであるならば、誰しもが「美樹さやか -恋愛成就- 御守り」こそ身につけるべきである。
2011.11.24 徳川秀忠と、まど☆マギと、民主党と
2011.06.16 蓮實的に言えば「まどか☆マギカ」は凡庸であり「フラクタル」は愚鈍かもしれない
2011.05.10 魔法少女まどかとフラクタルのフリュネと西郷隆盛と崇徳上皇
2011.05.08 「まどか☆マギカ」の素直な神と「フラクタル」のゆがんだ神の決着はそんなに簡単ではないのではないか
2011.05.05 魔女になったSAYAKAの武器はなぜ、車輪なのか
2011.05.01 「魔法少女 まどか☆マギカ」における虚しい承認欲求の果てに見た悟り
2011.04.30 「魔法少女 まどか☆マギカ」は史上最大級の災いがもたらされた現在だからこそ、残酷に心に突き刺さるのかもしれない。

この作品以外のアニメ評論は、コチラからご覧下さい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中